沖縄シャングリラ住宅開発事業部

株式会社沖縄シャングリラとは

オーガニックハウス

沖縄シャングリラ「住宅開発事業部」が、沖縄のあたらしい「家」のカタチをお手伝い。

世代を超えて住み継がれる家。

約百年前に建築家フランク・ロイド・ライトにより提唱された有機的建築の理念に基づいています。「有機的建築とは生きている建築で、それは時代に適し、土地に適し、人に適している建築のことです。」

これまでの住宅業界は大手プレハブメーカーや分譲メーカーなど、工業化大量生産に伴う合理化優先の中で、流行を生み出し続けてきました。結果的に数年後には時代遅れのデザイン住宅に、住み続けざるを得ない状況に陥りました。

私達は人が住まうという事を真剣に考え、自然の光や風を住まいに取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落ち着き、居心地の良さを求めた住まい。そして家族の絆や暮らし方が時代とともに子、孫に継承され、自然に育まれる空間づくりが住まいづくりの本質だと考えます。

「フランク・ロイド・ライトが生きていて、現代の日本において住まいをデザインしたら」という仮定と、人が住まう本質を融合させ、その精神を継承しながら現代のテクノロジーを取り入れつつ、さらなる住まいづくりの極みを目指します。

ORGANIC  ARCHITECTURE  APROVED

オーガニックハウスでは、本部による認定物件には
すべて「オーガニックハウス認定住宅証書」をお客様に謹呈いたします。

本物の価値をご提供し、保証します。

デザイン

ラッタンバリー

ラッタンバリー

ラッタンバリーへ

アザレア

美しく、豊かに暮らす

アザレアへ

キーストーン

豊潤なる時、熟成される価値、家族の原点となりうる住まい。

キーストーンへ

オークパーク

自然に抱かれて暮らすようなぬくもりと開放感にあふれた住み心地を。

オークパーク

ミルラン

美意識とともに育む心地よさ。普遍的なデザインが家族の成長を見守る住まい。

ミルラン

オークス#P

深い軒が映す陰影と色調のコントラストが魅力の、現代版プレーリースタイル。

オークス#P

オークス#U

立体の組み合わせが織り成す機能美、ミニマム・ユーソニアンハウス。

オークス#U

ライムライト

この家に移り住んだ人は、やがて根をおろし家族も家も共に成長を続けます。

ライムライト

プレーリー・コレクション

流行に惑わされない貴方と、敷地の個性に丁寧に対応できる住まいを。

プレーリー・コレクション

ユーソニア・コレクション

形態と機能がひとつになったシンプルで美しい住まい。

ユーソニア・コレクション

コンパクトハウス

風や光、そして景観までも室内に招き入れることにより
時の移ろいや四季を感じ取ることができる住まい。

コンパクトハウス

インディーワン

細長窓でファサードにリズム感を生み出し、街並みに彩を与える外観。

インディーワン

オークス#J

懐かしさと落ち着きを、モダン的に表現したネオ・ジャパンハウス。

オークス#J

オークス#T

風がめぐり、光が満ちる、自然を肌で感じるナチュラルハウス。

オークス#T

ムーンストリーム

世代を超えて住み継がれる家

ムーンストリーム

アルモニー

ゆったりとした空気と情緒を継承する

アルモニー

インテグラル

都会的で艶やかな、フォーマル感覚を備えたエレガントな外観

インテグラル

モルディナ

豊かなシークエンスの情景を演出

モルディナT

フランク・ロイド・ライトとは

フランク・ロイド・ライトは世界屈指の建築の巨匠として知られています。彼は生涯に1191にものぼる作品を遺し、その内の460作品が実現されました。それらは建築設計以外に家具やグラフィックスのデザインも含まれます。これは1人の建築家の業績とは信じがたい数です。また、彼が91歳で他界する直前まで約70年間にわたり、精力的に活動を続けたことも驚きに値します。

第一黄金期
1893年、ライトは26歳にして独立、初仕事にあたるウィンズロー邸が完成しました。「ウィンズロー邸は、プリマ・ヴェラが満開になったような衝撃を広大な田園風景の中に与えました。それは、オークパークやリバー・フォレストではまったく新しい世界だったのです。その住宅は近隣の者も遠方の者をも魅了しました。」(フランク・ロイド・ライト「自伝」)
ウィンズロー邸により彼の住宅設計のキャリアはスタートしましたが、彼自身もそれを"中西部における新しい建築"と表現しています。彼は住宅設計に加えて商業的、宗教的な建物もデザインしました。中でもラーキンビルとユニティテンプルは傑作として挙げられています。こうして1893年から1910年の間、有機的建築の建築家として彼の名は確立されていきました。さらに彼の作品集が海外で出版され、近代建築の時代への魁となったのです。
不毛の時代
1910年から1935年、この時代はライトにとっては経済的にも個人的にも不遇な時代でした。しかしながらこの時代彼はウィスコンシン州南西部の彼の祖先の地ウェールズに自邸タリアセン(ウェールズ語で「輝ける額」また、アーサー王朝時代に生きた吟遊詩人の名でもある)を建設しました。
その後、帝国ホテル(1913-1922)設計依頼があり、他に1917年から1924年の間、南カリフォルニアでいくつかの設計と建設がなされました。1924年から1935年まではライトにとって不毛の期間となりましたが、この間も彼は工学技術の導入や、挑戦的なデザイン表現の数々のプロジェクトを立案しました。それらはいずれも実際に建てられることはありませんでしたが、1930年代の彼の作品への重要な布石となったのです。
第二黄金期
建築家としての長い冬の時代の後、E.J.カウフマン邸(落水荘)とジョンソンワックス本社ビルの設計により、彼のエネルギーに満ちた創造力は再び一気に弾けました。それは大胆不敵であり、また絶妙な美しさでもありました。この新しい時代は彼が死ぬ時まで何者にも邪魔されることなく続きました。
事実、彼の設計の勢いは老いにつれて弱まるどころか、年を追うごとに信じ難いほどのエネルギーで、精力的に創造を展開し続けたのです。住宅設計以外にも、グッゲンハイム美術館、ベスショーロム教会、マリン郡庁舎などの著名作品が見られます。
建築後100年近く経った今でも、ライトがデザインした住宅に住む人々は最高の手入れをしながら大切に住み続けています。このことからも、ライトの住宅がどんなに素晴らしいものであるかが理解できます。

巨匠F.L.ライトの有機建築思想を今に受け継ぐ

オーガニックハウスは、日本で唯一、F.L.ライト財団から認定されています。

  • ラッタンバリー
  • アザレア
  • キーストーン
  • オークパーク
  • ミルラン
  • オークス#P
  • オークス#U
  • ライムライト
  • プレーリー・コレクション
  • ユーソニア・コレクション
  • コンパクトハウス
  • インディーワン
  • オーク#J
  • オーク#T
  • ムーンストリーム
  • アルモニー
  • インテグラル
  • モルディナ
ページのトップへ