沖縄シャングリラ住宅開発事業部

株式会社沖縄シャングリラとは

県内初!オーガニックハウスモデルハウス公開中!

色褪せない経年変化の美しさ・・・フランク・ロイド・ライトの正統な継承

モニュメントのように浮かび上がる落水荘(カウフマン邸とも呼ばれています)。

時代を超えて人々を惹きつけるこの住まいは、
その「姿」とともに、すみ【隅】をデザインすることで気持ち良い「場」が生まれています。

「美意識」とともに本当の「心地良さ」を実現して欲しい・・・

そんな想いを込めて、ミルランが誕生しました。

隅の広がり、隅の眺め、隅を活かす、隅を減らす、隅の心地よさ

ミルランのプラン

「隅」を活かすことで、中央に大きな空間が生まれます。

この大きな空間こそ、居心地の良さにつながる訳です。

実は、小さな家でも有効的な空間概念で、ゆとりある暮らしを約束してくれます。

ミルランの空間創りから、沖縄シャングリラの住宅に対する想いをぜひ体験しにお越し下さい。

室内にいながら、自然とゆるやかにつながりながら、家族の心休まる場所とともに家族の個性・こだわりも表現します。また街並み・風景との調和を大切にしながらも、センスと個性を主張しています。

モニターハウスキャンペーン

県内 北部1棟・南部1棟限定で
オーガニックハウスモニター制度にて
建築をおこないたいお客様を募集いたします。

建築をお考えのお客様におきましては、
大変お得な内容が盛り沢山の特典をご用意しております。

詳細・条件につきましては直接お問い合わせください。

  • インターネットからのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ0120-153-078

世代を超えてすみ継がれる家「オーガニックハウス」とは?

約百年前に建築家フランク・ロイド・ライトにより提唱された有機的建築の理念に基づいています。「有機的建築とは生きている建築で、それは時代に適し、土地に適し、人に適している建築のことです。」

これまでの住宅業界は大手プレハブメーカーや分譲メーカーなど、工業化大量生産に伴う合理化優先の中で、流行を生み出し続けてきました。結果的に数年後には時代遅れのデザイン住宅に、住み続けざるを得ない状況に陥りました。

私達は人が住まうという事を真剣に考え、自然の光や風を住まいに取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落ち着き、居心地の良さを求めた住まい。そして家族の絆や暮らし方が時代とともに子、孫に継承され、自然に育まれる空間づくりが住まいづくりの本質だと考えます。

「フランク・ロイド・ライトが生きていて、現代の日本において住まいをデザインしたら」という仮定と、人が住まう本質を融合させ、その精神を継承しながら現代のテクノロジーを取り入れつつ、さらなる住まいづくりの極みを目指します。

ORGANIC  ARCHITECTURE  APROVED

オーガニックハウスでは、本部による認定物件には
すべて「オーガニックハウス認定住宅証書」をお客様に謹呈いたします。

本物の価値をご提供し、保証します。

オーガニックハウスのコンセプト

内と外との連続性
自然と建物の一体化という基本概念をもち風や光、緑、そして景観までも室内に取り入れ、招き入れることが大切。
空間の流動性
室内空間をドアや壁などで仕切って固定するのではなく、オープンにしてかつダイナミック、ドラマチックな動きをもたせる。
自然の照明
昼は自然の太陽の光を、夜は太陽光にもっとも近い、最小限の明かりを。部屋に入った自然光は壁や床にはね返り、散乱する反射光としてまた部屋を明るくします。
囲われる空間と開放
和室は囲われるという空間の中で求心力が働きます。その求心点は窓ではなく床の間に集まり和室の美は一層引き立ちます。
壁、天井のつながり
床の延長が壁であり、壁の延長が天井であると考え、直交する部分の強さを意識的に弱め、あいまいな部分をつくります。
素材の本質
手による加工体験の素晴らしさ・巧みさ、そして「五感の豊かさ」を忘れることなく自然の素材の風合いを失わないように使用。
ページのトップへ